インプラント治療
  1. トップ
  2. インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療インプラント治療とは、歯を失った顎骨(あごの骨)の中に、インプラント(人工歯根)を植え込み、人工歯冠を取り付ける方法です。

まるで新しい歯が生えてきたかのようで、自分の歯と同じように使うことができます。

矢印歯を一本失った場合   矢印失った歯が何本もある場合
矢印総入れ歯の場合   矢印インプラント対象者と適さない方

歯を1本失った場合

従来のブリッジによる治療法

ブリッジでの治療の場合、失った歯が一本でも、その両隣の健康な歯も削らなければなりません。健康な歯は、削ることによりその歯の寿命を短くする恐れがあります。

従来のブリッジによる治療法

インプラントによる治療法

インプラントを歯が失われた場所に埋め込みます。通常治療時間は20〜30分です。インプラントの治癒期間は一時的な仮歯を取り付け、最終の人工歯冠を治癒後に取り付けます。抜けた歯のみの治療ですので、隣の健康な歯を削らずに治療できます。他の自分の歯と機能的にも審美的にも変わらず、同じように使えます。

インプラントによる治療法

失った歯が何本もある場合

従来の取り外し式部分入れ歯の治療

取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や周りの歯に悪影響を与える危険性があります。また取り外しをする違和感や、お食事をする際、食べにくさを感じたり、食べた物がつまりやすいデメリットがあります。部分入れ歯をとめるための金具が必要で、見た目が悪く、違和感を感じたり、ストッパーを設けるために天然歯牙を削ります。

従来の取り外し式部分入れ歯の治療

インプラントによる治療法

欠損した歯のみの治療ですので、隣の健康な歯を削らずに治療できます。他の自分の歯と機能的にも審美的にも変わらず、金具やストッパーがないので、違和感なく、同じように使えます。また、顎の骨の収縮を予防するため、フェイスラインがやせたりすることがなく維持できます。

失った歯が何本もある場合:インプラントによる治療法

総入れ歯の場合

従来の取り外し式総入れ歯の治療

取り外し式の総入れ歯は、それを支える入れ歯安定剤が必要になる場合もあります。また顎の骨や周りの歯に悪影響を与える危険性があります。さらに取り外しをする違和感や、お食事をする際、食べた物が内側に入って痛みを感じたり、つまりやすいデメリットがあります。いつ人前ではずれるかわからないという心配もあります。

従来の取り外し式総入れ歯の治療

インプラントによる治療法

総入れ歯の場合、インプラントに雄側のパーツ、入れ歯に雌側のパーツを取り付け、固定するのが一般的です。入れ歯のお手入れの際も、取り付け取り外しに戸惑うこともなく、抜群の安定度です。もしくは、6本以上のインプラントを埋入する固定式義歯(ブリッジ)の方法もあります。この場合、ピンク色のプラスチックサポート部は必要なく、安定した咀嚼能力で、快適な生活をおくることができます。

インプラントによる治療法
▲入れ歯をインプラントで固定する場合

総入れ歯の場合
▲ボーンアンカードブリッジをインプラントで固定する場合

インプラント対象者

インプラント治療は、歳をとっても誰でも受ける可能性があります。またほとんどの方が対象者となります。入れ歯には抵抗のある方、他の健康な歯を傷めたくない方、歯に自信をもちたい方、食べるのが大好きで、おいしく楽しくお食事したい方など、インプラント治療をおすすめします。しかし、年齢、健康状態、顎の骨の状態、口の中の状態などにより適していない方もいます。以下にあてはまる方は、一度歯科医師にご相談ください。

インプラントが適さない方

年齢 骨が成長している人(一般的に18歳未満)
健康状態 ・手術に適していない体調の方
・骨粗鬆症の方
・糖尿病の方(コントロールできている方を除く)
・高血圧症、心臓病、肝臓病、腎臓病(軽度の方を除く)
・貧血など血液疾患の方(軽度の方を除く)
・リウマチや皮膚病などでステロイドホルモンを使用している方
・アレルギー体質の方(薬物や金属アレルギー)
顎の骨の状態 ・顎の骨がやせている方
・顎の骨の質が悪い方
※骨質改善、骨量増加などの処置を受ければ可能な場合もあります。
お口の中の状態 ・お口の手入れが良くない方、手入れが出来ない方
・歯周病(歯槽膿漏症)の方は、歯周病が治ってから治療を行います。
・噛み合わせが悪い方
その他 ・ヘビースモーカーの方
・歯ぎしりがひどい方

ページ先頭へ戻る

他の治療法との比較

インプラント治療の流れ

カウセリング

カウセリングまずは、インプラント治療に関してのカウンセリングを行います。患者様は、歯科医師に自分の治療に対する考えや、今の歯の状態についての不満などをお話になり、先生からインプラント治療のメリットやメンテナンス、治療費用、他の治療法(ブリッジや入れ歯)との違いなどについて詳しくご説明をお聞きください。また患者様の体調や病歴などについて、先生にお話ください。

治療計画をたてる

治療計画をたてるインプラント治療を成功させるために、綿密な治療計画をたてます。レントゲンなどの検査を行い、患者様の顎の骨の状態や、全身の健康状態を十分チェックします。

治療コースの決定

治療コースの決定検査結果からたてた治療計画(治療内容)を詳しく聞き、十分理解し、インプラント治療コース(治療本数、治療期間、治療方法、難易度など)を検討します。他の治療法と考えや費用などを比較したり、手術の説明を受けます。

術前治療

術前治療患者様の必要に応じて、歯周病、カリエス治療、不良な冠の除去等を行い、噛み合せを整えるための準備をします。またお口の中の衛生状態の改善などを測るために、歯石をとったり、ブラッシング指導をしたりして、お口の中の環境造りを行います。

1次手術

1次手術まずは麻酔をかけ歯ぐきを開き、顎の骨に、インプラントを埋め込むための穴をあけます。そして、しっかり固定するよう、顎の骨にインプラントを埋め込み、歯ぐきを閉じます。麻酔が効いているので手術中に痛みを感じることはありません。手術後は自宅で静養するのが理想です。

2次手術(頭出し)

2次手術(頭出し)一次手術の後、下顎なら約3ヶ月、上顎なら約6ヶ月ほど期間をおきます。埋入したインプラントが骨とくっついているのを確認し二次手術を行います。再度歯ぐきを開き、インプラントの頭を出します。

型取り・人工の歯装着

その後、型を取って人工の歯を装着します。二次手術から人工の歯を装着するまで約1カ月かかります。

治療終了

インプラントを長持ちさせるため治療後には、定期健診を行い、噛み合せのチェック、骨の検査、被せた歯の緩み等の検査をします。インプラントが長い間お口の中で機能できるように、歯科医師の指導に従い、患者さん自身で口腔内を清潔に保ち(プラークコントロール)、インプラントのメンテナンスを開始します。

ページ先頭へ戻る

インプラントQ&A

インプラント治療は何歳まで受けることが出来ますか?
骨の成長は、概ね18歳くらいで止まります。
従って、18歳以上であればインプラント治療を受けられます。
コントロールされていない重度の糖尿病などの全身疾患がある場合は、インプラントが出来ない場合もありますが、ご高齢の方でもインプラントをすることが可能です。
顎の骨が薄くてインプラントが出来ないと言われたのですが。
顎の骨が薄い場合、インプラントを埋入する場所がないこととなります。
そこで当院では、顎の骨を増やしたりすることによって(骨造成)、インプラントを理想的な位置・方向に埋入しております。
まずは諦めずに当院までお気軽にご相談下さい。
インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
インプラント手術は、十分な局所麻酔で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。また、当院では痛みを軽減する様々な方法を行っています。ご質問、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
インプラントの治療期間はどれくらいですか?
インプラントの手術自体は数時間で終了し、入院の必要はありません。術後は経過観察のために通常4〜6ヶ月間の通院が必要です。ただし、症状によって治療期間が異なりますので、事前に担当医に確認しましょう。
インプラントの費用は高くないでしょうか?
症状や治療の内容により負担費用額は異なります。インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。また当院ではローン利用が可能です。インプラントは適切なアフターケアを行えば、長期的に渡って機能しますので、その分一概に高いとはいいきれないものがあると思います。
面倒なアフターケアはありますか?
特別なアフターケアの必要はありません。インプラントは普通に歯磨きをし、半年または年一回の定期健診だけで、長期に渡って使用できます。40年以上経っても問題なく機能しているという報告もあります。

ネットでご予約 ご予約・お問い合わせ

歯科用CT

マンガでわかる無料小冊子

診療時間

入れ歯ならバイテック

駐車場60台分完備
ネットでご予約
安心のカウンセリング

Powered by 口コミ病院検索QLife

サイト監修:マリン歯科クリニック