歯科用CTについて
  1. トップ
  2. 歯科用CTについて

より安心安全なインプラント治療のために…

歯科用CTの導入マリン歯科クリニックでは正確な診断と安全確実な治療のために、
2011年冬に発売されました最新歯科用CT「トロフィーパン PRO」を導入いたしました。

歯科は「CT時代」到来です。
これまで見えなかったものが見えるCTが開発されたことにより、精度の高い・安全な処置を行うためには欠かせないものと考え、まだまだ普及の少ない歯科用CTを導入して、皆様の治療やメインテナンスのために役立てるシステムを確立しております。

当院で導入したCT、トロフィーパンPROは3D imagingをあらゆる歯科診断で使用可能な撮影領域を実現しました。スライス幅0.09ミリは現在の歯科用CTでは最高のレベルです。

またパルス照射CTシステムで照射量の軽減を可能にし患者様にできるだけ少ないエックス線照射で従来のX線システムだけでは読み取れなかった部分も詳細に観察できることで、確実な診断につながります。

安全で確実なインプラント治療においてCT撮影は必須の検査です。もはや、CT撮影無しでインプラント治療を行うことはドクターの「感に頼る」治療であり、確実な安全性を求める高度先進医療とは言えない時代です。マリン歯科クリニックでは高度先進医療に全力で取り組んでおります。

CT撮影でしっかりと骨形態を3次元的に把握し、適切な位置にインプラントを埋入することは、安全性や効率性の高い処置が行えると同時に、インプラントの長期安定に欠かせない条件です。また親知らずの抜歯や骨内に埋伏している過剰歯の抜歯等、正確な位置や神経や血管等との距離を3次元的に把握することで負担の少ない安心な処置が行えます。

CT撮影にて3次元的に歯の周囲骨の形態が把握できることは、確実な外科処置により治療の成果を上げることにつながります。そして全ての治療に共通することながら、CT撮影は治療後の歯周組織の改善状況を評価することに大きな役割を果たします。さらにトロフィーパンPROの顎関節撮影機能により同時に左右両方の関節、周囲構造を分析することができます。

トロフィーパンプロの多彩なCT撮影モード

撮影範囲

7つの撮影モード

CT画像は、アゴの骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査などに利用されます。治療を行う前だけではなく、治療終了後にも撮影を行い状態を確認します。

インプラント治療以外にも、歯周治療や矯正治療、根管治療・その他外科処置の検査においてより安全性の高い治療を行うために、有効な術前の診断ツールとして用いております。

3D画像3D画像

これからはインプラント歯科医院を選ぶ際に、「CTを導入しているかどうか」は
ひとつの大切なポイントとして挙げられるでしょう。

ネットでご予約 ご予約・お問い合わせ

歯科用CT

マンガでわかる無料小冊子

診療時間

入れ歯ならバイテック

駐車場60台分完備
ネットでご予約
安心のカウンセリング

Powered by 口コミ病院検索QLife

サイト監修:マリン歯科クリニック